2020年までにマイホームを取得すると「住宅ローン減税」が10年から13年に延長に!

投資

2020年までにマイホームを取得すると「住宅ローン減税」が10年から13年に延長に!

  

今日は「住宅ローン減税」を紹介する記事だよ!
※この記事は約2分で読むことができます

 

「住宅ローン減税」要件を満たせば控除期間が13年間に延長になる!

 

新築・中古を問わず、マイホーム購入時に必ず検討する「住宅ローン減税」は、所得税控除が10年間受けられる制度です。

 

なお、消費税10%で住宅を取得し、2019年10月1日から2020年12月31日までの間に入居した場合には、控除期間が13年間に延長されます(2021年1月以降に住み始めた場合、控除期間は10年間)。

 

入居翌年の確定申告時に申請した給与所得者の場合、2年目からは年末調整の際に適用されます。

 

マイホーム購入時だけでなく、工事費100万円以上の増改築工事にも適用されますが、省エネやバリアフリーの改築の場合は、「リフォーム減税」のほうが有利な場合も。

 

重複利用はできないので、よく確認しておきましょう。

 

マイホーム購入時にもらえる「すまい給付金」もチェック!

 

住宅ローン減税の恩恵をさらにフォローしてくれるのが、マイホーム購入時にもらえる「すまい給付金」です。

 

世帯主の年収が450万円以下の場合、給付基礎額は50万円で、そこから要件によって上下した金額をもらえます。申請は入居後に可能となり、申請期限は住宅の引き渡しを受けてから1年以内です(当面の間、1年3カ月に延長)

 

全国自治体のすまい給付金申請窓口、またはすまい給付金事務局宛に郵送で申請し、審査を経て受給となります。

参考HP:国土交通省(すまい給付金) 

 

また、すまい給付金制度は2014年4月以降に引き渡され、2021年2月までに入居が完了した住宅が対象となります。

 

制度をしっかり把握して、人生でいちばん大きい買い物に臨みましょう

 

今日のまとめだよ!
①  「住宅ローン減税」要件を満たせば控除期間が13年間に延長になる
②  「住宅ローン減税」以外にもマイホーム購入時にもらえる「すまい給付金」もチェック
👉上記の仕組みを抑えて【    2020年までにマイホームを取得すると「住宅ローン減税」が10年から13年に延長に!    】 という情報をうまく活用しよう!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも「お金にまつわる有益な記事」を提供していきますので、他記事もよろしくお願いします!(⇖記事一覧に戻る

またツイッターでシェア、はてなブックマークのボタンをポチっと押して応援して頂けると泣いて喜びます( `ー´)ノ

コメント