自治体の「家賃助成制度」を使うと最大で引っ越し時の費用28万円がもらえる!

未分類

自治体の「家賃助成制度」を使うと最大で引っ越し時の費用28万円がもらえる!

 

こんにちは!元銀行員ブロガーのたかゆきです。
今日もお金を得する知識を皆さんにお伝えいたします!

今日は自治体の「家賃助成制度」を使うと最大で引っ越し時の費用28万円がもらえる!という記事だよ!

 

引っ越すだけで得をする!各自治体の「家賃助成制度」

 

都心に近づくほど賃貸住宅の家賃は高くなり、家計が圧迫されてしまいますが、各自治体ではファミリー世帯を対象とした家賃助成制度が設けられているのをご一存じでしょうか。

 

もしかしたら今払っている家賃もあと数万円安くなる可能性があるかもしれません。

 

東京都新宿区は、義務教育修了前の子供がいる子育て世帯向けの「民間賃貸住宅家賃助成」があり、家賃の一部として月額3万円を最長5年間支給されます。

民間賃貸住宅家賃助成:新宿区
【ホームズ】賃貸物件で家賃補助を受ける3つの方法とは?条件や仕組みについて | 住まいのお役立ち情報
賃貸物件で家賃補助を受ける方法を解説します。会社から家賃補助を受ける方法のほか、市区町村の家賃助成制度の利用方法、特定優良賃貸住宅の詳細など、家賃補助が支給される3つのケースについて詳しくご紹介します。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】

 

東京都目黒区の「ファミリー世帯家賃助成」は、子供の対象年齢が18歳未満まで引き上げられ、収入や納税などの要件に該当すれば、月額2万円を最長3年間支給されます。

 

各自治体の家賃助成は年1回募集がかかり、応募多数の場合は抽選となるので、お住まいの自治体の要件をチェックしてみましょう。

 

自治体特有の転入支援制度も!

 

東京都墨田区では、子育て世帯を応援する「墨田区民間賃貸住宅転居・転入支援制度」を実施しています。

墨田区民間賃貸住宅転居・転入支援制度:墨田区公式ウェブサイト

 

未就学の子供がいる世帯が区内で転居・または区外から転入する場合、家賃10万円以上で面積基準を満たす物件が対象になります。

 

支給対象になると引っ越し時の仲介手数料・礼金・引っ越し費用を各12万円を上限として、計28万円まで助成金を支給してくれます。

 

このほかにも、新婚世帯や高齢者など、世帯構成によって異なる家賃補助制度もありますし、地方では移住・定住化施策の一貫として家賃の一部を負担してくれる制度が充実しています。

 

下記サイトは一般法人移住・交流推進機構の補助制度を確認できるHPになります。 引っ越しの届け出を出した際には、これらの補助制度にも注目してみてください

【2019年度自治体支援制度特集】住まい|ニッポン移住・交流ナビ JOIN
全国の各自治体が移住者支援で特に力を入れているのが、住まいに関わる支援制度。定住促進奨励金や、住宅建築補助、リフォーム支援など、多種多様な支援制度があります。ここでは家を新築する時・改修する時などに利用できる支援制度について紹介します。※本記事は2019年7月に執筆しました。【全国の自治体支援制度検索ページはこちら】【...

 

今日のまとめだよ!
① 各自治体ではファミリー世帯を対象とした家賃助成制度が設けられています!
② 東京都新宿区は家賃の一部として月額3万円を最長5年間支給
東京都目黒区月額2万円を最長3年間支給
東京都墨田区引っ越し時の費用を計28万円まで支給
👉上記の仕組みを抑えて【    自治体の「家賃助成制度」を使うと最大で引っ越し費用28万円がもらえる!   】 という情報をうまく活用しよう!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも「お金にまつわる有益な記事」を提供していきますので、他記事もよろしくお願いします!

またツイッターでシェア、はてなブックマークのボタンをポチっと押して応援して頂けると泣いて喜びます( `ー´)ノ

コメント