年収500万円でも医療控除を利用して確定申告をすれば税金が戻ってくる!

未分類

年収500万円でも医療控除を利用して確定申告をすれば税金が戻ってくる!

 

こんにちは!元銀行員ブロガーのたかゆきです。
今日もお金を得する知識を皆さんにお伝えいたします!

今日は 年収500万円でも確定申告をすれば医療費控除で税金が戻ってくる という記事だよ!

  

確定申告の医療費控除とは?

  

国税庁が挙げる「給与所得者で確定申告が必要な人」の条件には「給与の年間収入金額が2000万円を超える人」「2カ所以上から給与の支払いを受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」などがあります。

 

しかし、一般のサラリーマン家庭においても確定申告は可能です。特に密接に関係してくるのは「医療費控除」でしょう。

  

前年度の1年間に支払った家族の医療費が10万円を超えていた場合にその超過額が所得から控除され、その分、所得税や住民税が低く抑えられる仕組みです。

  

手術や入院でもしないことには控除の対象にならないと思っている人もいると思いますが、病院での診療費や薬代だけでなく通院の際の交通費などもこれに含まれますし、美容目的以外の歯科矯正や医療行為としての鍼灸マッサージなども対象となります!

  

ですので、家族4人の世帯なら合算で10万円以上という条件はさほど高い壁ではないはずです。

  

所得が”いちばん高い人”が確定申告をしてください!

重要なのは確定申告をすべきなのは所得がいちばん高い人です。

 

例えば夫の年収が400万円、妻200万円なら夫が申告すると、より多くの税金が戻ってくるので、このときに「私のほうが時間に余裕があるから」と奥さんのほうが確定申告しては損をすることになります。

 

実際にいくら戻ってくるかは収入状況などによって違ってくるのですが、おおよそのところで言うと、年収500万円で医療費の合算が30万円なら、還付されるのは1~2万円といったところになるでしょう。

 

また「ふるさと納税」をした場合は、ワンストップ特例制度によって確定申告をしなくても控除額が翌年度分の住民税から控除されます。但し、1年間で6自治体以上にふるさと納税をしたときにはこの制度を利用することができないため、控除を受けるには確定申告をしなければなりません。

 

ほかにも「盗難や災害に遭った」「住宅ローンを組んだ」「家を売って損をした」などのケースで控除を受けられることがあるので、何かしら大きな支出があった際には自治体の納税相談窓口に問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

今日のまとめだよ!
① 確定申告の医療費控除の仕組みを紹介!
② 所得が“いちばん高い人”が確定申告をしてね!
大きな支出があった際には自治体の納税相談窓口に相談してみよう!
👉上記の仕組みを抑えて【  年収500万円でも医療控除を利用して確定申告をすれば税金が戻ってくる 】 という情報をうまく活用しよう!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも「お金にまつわる有益な記事」を提供していきますので、他記事もよろしくお願いします!

またツイッターでシェア、はてなブックマークのボタンをポチっと押して応援して頂けると泣いて喜びます( `ー´)ノ

コメント