【子育て世帯必見】「自治体の助成制度」を利用して手当をもらおう!

未分類

【子育て世帯必見】「自治体の助成制度」を利用して手当をもらおう!

 

今日は【子育て世帯必見】の自治体の助成制度を紹介する記事だよ!

 

「自治体の助成制度 」国で定められた手当を3つご紹介!

 

出産費用にはじまり、教育費、設備購入費など、子育てには何かとお金がかかりますが、知っておくと家計が大助かりな助成制度はたくさんあります。

 

まず、国で定められた手当を3つご紹介「出産育児一時金」は、健康保険被保険者が一児につき1万円の出産費用をもらえます。

 

実費が必万円を下回った場合にも差額をもらえるので、申請しないと損です。

 

「児童手当」は中学校卒業までの養育費の手当で、3歳未満なら月額1万5000円が申請の翌月分から支給されます。

 

なお、毎年6月に「現況届」を提出する必要があるので気をつけましょう。

 

「児童扶養手当」は、一人親世帯が対象の手当で児童一人の場合、最高月額4万2910円をもらえます。これらの手当を組み合わせれば、かなり心強いです!

 

「自治体の助成制度 」子育て世帯に嬉しい支援を実施している自治体を紹介!

 

各自治体でも、子育て世帯に嬉しい支援を実施しています。車での移動に欠かせない「チャイルドシート」に関するものでは、割引レンタル、無料貸し出し、購入補助金などがあります。

 

埼玉県桶川市では「3人乗り自転車」の購入金額の2分の1(限度額3万円)を補助があり、なんと電動自転車も対象になります。

 

大阪府大阪市の「塾代」の助成制度は、中学生の学習塾や家庭教師、文化・スポーツ教室等にかかる費用を月1万円まで支給してくれます。

 

お住まいの自治体に助成制度があるかどうかチェックしておけば、子育てに必要な設備購入や子供の可能性を広げるための教育の後押しとなります。

是非 「〇〇市 助成制度」で調べてみてください!

 

【ご参考】私が住む鹿児島市は子育て関連で調べると17の手当が出てきました!

・妊婦健診費用の払い戻し(県外で受診する場合)

・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)等に対する助成

・こども医療費助成制度

・未熟児養育医療

・自立支援医療(育成医療)

・小児慢性特定疾病医療費助成事業

・小児慢性特定疾病児日常生活用具給付事業

・母子・父子家庭等医療費助成制度

・母子栄養食品の支給(未来を守るミルク支給事業)

・児童手当

・児童扶養手当

・児童扶養手当と公的年金等との併給見直し

・特別児童扶養手当

・市民福祉手当(遺児等修学手当)

・新生児聴覚検査費用の払い戻し(県外で受診する場合)

・市町村民税非課税世帯・未就学児のこども医療費助成

・産婦健診費用の払い戻し(県外で受診する場合)

 

今日のまとめだよ!
① 「自治体の助成制度国で定められた手当を3つご紹介!
② 「自治体の助成制度子育て世帯に嬉しい支援を実施している自治体を紹介!
👉上記の仕組みを抑えて【   【子育て世帯必見】「自治体の助成制度」を利用して手当をもらおう!   】 

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも「お金にまつわる有益な記事」を提供していきますので、他記事もよろしくお願いします!(⇖記事一覧に戻る

またツイッターでシェア、はてなブックマークのボタンをポチっと押して応援して頂けると泣いて喜びます( `ー´)ノ

コメント